無人契約機

ローン用語の無人契約機とは

ローン用語の無人契約機とは

ローン用語の無人契約機とは、自動契約機という呼び方もします。対面することなく無担保で借入できる契約機になります。狭い3畳ほどの部屋に設置され、モニター画面の案内に従いキャッシングの手続きをしていきます。スピーディーなところも特徴で、申込から融資まで30分もあれば終わってしまう便利なサービスです。無人契約機は、対面しなくて良いため誰かに会うという煩わしさがありません。また利用するところを人に見られたくないという人にも良いのではないでしょうか。誰にも会わない、見られないと言いましたが、監視カメラが何箇所か設置してあります。監視カメラでは、身なりや行動をチェックされています。証明書や顔写真などの称号、写真撮影なども行われているということを知っておきましょう。無人契約機は、大手消費者金融のアコムが初めに行ったサービスになります。テレビCMなどで、あっという間に広がり同業者も次々と導入してきました。現在はインターネットで申込から審査までを済ませて、無人契約機にカードを取りに行く人が多いです。便利さえゆえに安易に利用する人も増えているのも実状です。

 

即日融資カードローン比較【銀行系・消費者金融系】スピード審査あり

ローン用語の担保掛目とは

企業資金のローンや住宅ローンなど、どちらかといえば大きな金額を融資してもらう際に、金融機関に行って相談することがあります。その時に、資産価値がある物を担保として、借り入れしようとしますが、その物に対してどれくらいの価値があるのか、明確には分からなく、将来それが価値が上がるのか、逆に下がるのかも、もっと予想することができないのですね。なので、少しでも負担が無い様にと、担保の資産価値の評価する際に使うのが、担保掛目という言葉なのです。普段は掛け目(比率)と使い、担保の時価評価額×担保掛目という計算式で、万が一の為、ローンを確実に回収できるように、掛け目(比率)を設定されています。その為、債務者に預金がある場合は100%、上昇企業の株は80〜90%など、担保の物によって、掛け目(比率)を出すことで、限度額の設定や返済能力がどれくらいあるのかを、出す要素にもなってくるのです。また担保掛目は、金融機関のローン用語としても使われていますが、株式の信用取引の際に、代用有価証券の評価に対しても、同様の意味(比率)として、担保掛目を使われることから、この業界独特の言葉(用語)だけではないと、いうことがわかりますね。

ホーム RSS購読 サイトマップ